室町時代:(1336年 - 1573年)*1

1336年(建武3年)11月  建武式目確立・明示。鎌倉幕府成立。

1338年          足利尊氏が征夷大将軍に任ぜられ、京都に室町幕府を開く

1346(貞和2) 綸旨「若狭住事」

暦会館 土御門家に関する年表より

1348(正平元) 綸旨「若州名田庄上庄村住事」

暦会館 土御門家に関する年表より

1351(観応2) 綸旨「若州名田庄長日泰山府君祭料知行」(北朝より11.15)

暦会館 土御門家に関する年表より

1355(正平10) 綸旨「若州名田庄上村長日泰山府君祭料知行」(5.15)

暦会館 土御門家に関する年表より

1366 綸旨「若州名田庄上庄村住事」(9.21)

暦会館 土御門家に関する年表より

1368年          足利義満が3代将軍になる

1373(文中2) 泰世、中納言となる

暦会館 土御門家に関する年表より

1378年(永和4年)  安倍有世(ありよ)、義満室の祈祷を行う

  • 1378年(永和4年)  安倍有世(ありよ)、義満室の祈祷を行う(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1379年(康暦元年)  安倍有世(ありよ)、陰陽師として初めて昇殿を許される

  • 1379年(康暦元年)  安倍有世(ありよ)、陰陽師として初めて昇殿を許される(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1384年(永徳4年)  安倍有世(ありよ)非参議従三位となる(安倍家での三位昇進初例).安倍家が土御門家と公称する

  • 1384年(永徳4年)  安倍有世(ありよ)、非参議従三位となる.(三位の位階を持つが、議政には参与できない。安倍氏内での三位昇進初例。)安倍家が土御門家と公称する(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1399年(応永6年)  土御門(安倍)有世、従二位に叙せられる

  • 1399年(応永6年)  土御門(安倍)有世、従二位に叙せられる(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1406年(応永13年)  賀茂在弘、非参議従三位となる(賀茂氏内での三位昇進初例)

  • 1406年(応永13年)  賀茂在弘、非参議従三位となる(賀茂氏内での三位昇進初例)(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1414年(応永21年)  賀茂在方、『暦林問答集』を著す

  • 1414年(応永21年)  賀茂在方、『暦林問答集』を著す(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1433(永享8) 阿倍有宣生れる

暦会館 土御門家に関する年表より

1467年(応仁元年)  応仁・文明の乱起こる

  • 1467年(応仁元年)  応仁・文明の乱起こる(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1450(宝徳2) 善積川上神社再建(有宣18歳)

暦会館 土御門家に関する年表より

1473(文明5) 善積川上神社の土御門家官人管理

暦会館 土御門家に関する年表より

1488(長享2) 従二位有宣、若狭下向(55歳)

暦会館 土御門家に関する年表より

1501(文亀元) 阿倍有春生れる

暦会館 土御門家に関する年表より

1513(永正10) 有宣の若狭在住に伴う高札(下知)(3.3)

暦会館 土御門家に関する年表より

1513年(永正10年) この頃、土御門有宣(ありのぶ)が戦乱を避け、若狭国名田庄に移る。以後子孫は若狭国と京都を往還

  • 1513年(永正10年) この頃、土御門有宣(ありのぶ)が戦乱を避け、若狭国名田庄に移る。以後子孫は若狭国と京都を往還(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1525(大永5) 従四位有春陰陽頭となる(25歳)

暦会館 土御門家に関する年表より

1527(大永7) 有脩、上村で生れる。父有春27歳

暦会館 土御門家に関する年表より

1534(天文3) 有春、修理大夫兼陰陽頭となる(34歳)

[[暦会館 土御門家に関する年表より

http://www.natasho.co.jp/koyomi/rekisi/index.html#nen]]

1542(天文11) 有脩、陰陽頭となる(16歳)

暦会館 土御門家に関する年表より

1555(弘治元) 有春、京都帰殿。川中島の合戦

暦会館 土御門家に関する年表より

1558(永禄元) 名田庄大火。薬師堂焼失

暦会館 土御門家に関する年表より

1560(永禄3) 久脩生れる。父有脩34歳

暦会館 土御門家に関する年表より

1560年          桶狭間の戦い

1562(永禄5) 有脩、正式に土御門を称する

暦会館 土御門家に関する年表より

1565年(永禄8年)  勘解由小路(賀茂)在富死去、後継者不在のため暦道賀茂家断絶

  • 1565年(永禄8年)  勘解由小路(賀茂)在富死去、後継者不在のため暦道賀茂家断絶(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1566(永禄9) この頃、有春京都、若狭間の往来頻繁

暦会館 土御門家に関する年表より

1567年(永禄10年)  土御門有春の末子が養子となり暦道賀茂家再興。実質はこれより土御門家が暦道も兼帯する

  • 1567年(永禄10年)  土御門有春の末子が養子となり暦道賀茂家再興。実質はこれより土御門家が暦道も兼帯する(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1569(永禄12) 有春没(6.19)

暦会館 土御門家に関する年表より

1571年          織田信長、比叡山延暦寺の焼き討ち

1572年 5月15日 陰陽頭土御門有脩,月蝕の祈祷のため若狭から京都に赴く

1573年          室町幕府滅亡


*1 Wikipediaより

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-07 (日) 16:52:32 (4003d)