源博雅、琵琶の名器牧馬にめぐりあふこと

いわゆる葛の葉狐というよりも、母なる大地のこと・・??
故郷の安倍の地
どこを故郷としているのだろう・・?きになりますよねー。故郷と言うと、真っ先に思いつくのは信田や阿倍野ですが、この画面はどうも吉野のような・・・?二上山の雄岳が右、雌岳が左に見える方向を探すと・・・やっぱり、吉野周辺のようです。前作の「安倍晴明、天の川にゆきて雨を祈ること」では実際にその地に足を運ぶと、画面通りの写真が取れるほど樹の枝一本にいたるまで実際の景色を写しとった画面構成になっていました。きっと今回もピンポイントにこの景色、この桜の木の見られる土地があるのかもしれません。わくわくするなぁ♪webで探したうちでは、http://blogs.yahoo.co.jp/earth33507/12890441.htmlこちらのブログの6枚目の写真などが近そうでした。
二上山(ふたかみのやま)
現在は、「にじょうざん」と。、奈良県葛城市と大阪府南河内郡太子町に跨がる山。他にも同名の山が幾つかあるけれど*1作品の舞台と山容が似通っていることを考えると、ここで間違いないだろう。 *2 作品より←作品より。wikipediaより。wikipediaより。
北の(みやこ)
「故郷の地」が吉野とわかれば、素直に平安京を指していると納得できます。
翌頁から鷺が奈良、淀津、と飛び越えてゆくのはわかる。なぜ鷺なのかは・・・?
淀津
長岡京造影の際作られた水陸運の要所。平安京遷都後も淀川水運の重要な河港として繁栄したそうです。おそらくもうすぐ三川合流、というあたり。こちらの写真を見ていると、画面にはうっすらとしか描かれていない淀津の雰囲気が伺えるかな?
ストイックな女人の話
twitterのフォロワーさんに教えていただきました。元ネタはこちら。『今昔物語巻第二十九 第三 不被知人女盗人語(人に知られざる女盗人の語)』だそうです。読んでみると、たしかにそっくりそのまま。再現力に感心。ネット上で読むとしたら、例えばこちらをどうぞ。同話は、菊池寛が「女強盗」(例えばこちら)として作品にしているので、こちらも参考になります。
鼠鳴き
web調べによると、『鼠鳴き(ねずなき) 1.鼠が鳴くこと。また、口を窄(すぼ)めて鼠の鳴き声を真似ること。 用例:枕-一五一「雀の子の、ねずなきするにをどり来る」 2.特に、忍んできた男が女の元に近付いたときや、遊女などが客を呼び入れようとするときなどにする、鼠の鳴き真似をいう。 類:●鼠(ねずみ)鳴き』。今回は女が男を呼び入れる合図として用いたのね。*3
(ひさご)
今去(いざ)
鷹架(ようか)
機織女
八十度ばかり
これは、原作のママ
竈の土・伏竜肝(ぶくりゅうかん)
web調べ。『伏竜肝(ブクリュウカン)は、土ガマ底の中心部の黄土で、長い年月薪でいぶし焼かれたものですが、現在は炭火で焼いたレンガ片で代用とする。黄土ともいう。味は辛く、性は微温。鎮嘔、収斂、止血薬として応用される。』だそうです。止血、収斂作用ならたしかに効きそう。また別のPageでは『味は辛、性は温、帰経 脾・胃。カマドの下の焼土のことでカマドに神があってその神を伏竜と言いそれより伏竜肝との名を得ました。』竈の神様の名前なのね。*4*5竈の土を女が使用するのも、原作ママです。
良い酢
酢を飲ませるのは、原作ママ。
暗闇丸
西ノ宮の藻壁門(そうへきもん)
大内裏にある宮城十二門の一つ。西の宮城門。daidairi-dairi-4501.jpg*6
船岡山
瓠の浜
秘曲の楊真操(ようしんそう)
琵琶の曲名。「流泉(りゅうせん)」「啄木(たくぼく)」とともに三秘曲の一。楊貴妃の作曲といわれ、玄宗皇帝が鞨鼓を打ち、楊貴妃が琵琶を演奏したという伝説があるのだと。藤原師長が書き残した楽譜だけが残り、近年その復元が試みられているとこちらのブログには書いてあります
転手(てんじゅ)
web調べによると、『琵琶・三味線などで、棹(さお)の頭部に横から差し込んである、弦を巻きつける棒。これを手で回して弦の張りを調節する。糸巻き。天柱(てんじ)。転軫(てんじん)。』untitled.jpgつまりこれ。 *7 *8
牧馬(ぼくば)
注釈には「唐より伝えられた「玄象」に並ぶ琵琶の名器」と。
町尻のあの男
若子さま
後の安倍吉昌?ということなので、一般的には晴明の次男と目されている存在。長兄の吉平?はどうしたの?(^^;; wikipedia先生に伺ったところ、吉平庶兄説・・・・というのがあるようでこれを採用したのかな。なお後の安倍氏につながるのは吉平の子達なので、この若子さまの血筋ではないかも?

*1 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E4%B8%8A%E5%B1%B1
*2 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E4%B8%8A%E5%B1%B1_(%E5%A5%88%E8%89%AF%E7%9C%8C%E3%83%BB%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C)
*3 http://www.geocities.jp/tomomi965/ko-jien05/na08.html
*4 http://www.est.hi-ho.ne.jp/abes/hyakkaen32/bukuryukan.htm
*5 http://www.taiyodo-kanpo.com/kanyaku/yakumi/oudo.htm
*6 図の元はhttp://kazubo-uchu.typepad.jp/blog/2009/05/part18-33c8.htmlから引かせていただきました。
*7 http://kotobank.jp/word/%E8%BB%A2%E6%89%8B
*8 http://yaplog.jp/time_of_largo/archive/1818

添付ファイル: filedaidairi-dairi-4501.jpg 815件 [詳細] fileIMG_2302.JPG 814件 [詳細] file300px-Mt_Nijyo.jpg 845件 [詳細] fileuntitled.jpg 887件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-26 (水) 23:24:49 (3969d)