安土桃山時代:(1573年 - 1603年)*1

1573(元亀4)久脩、陰陽頭となる(14歳)

暦会館 土御門家に関する年表より

1575(天正3) 久脩、信長より朱印「上鳥羽拾石」(11.1)

暦会館 土御門家に関する年表より

1577年11月28日 信長,土御門久脩に若狭当知行分を安堵

1582(天正10) 久脩、信長と本能寺で会議、(23歳)その夜本能寺の変起こり信長没

暦会館 土御門家に関する年表より

1582年          本能寺の変

1585年          羽柴秀吉、関白となる

1593年(文禄2年)  豊臣秀吉が養子豊臣秀次領尾張を再検地する。秀吉の命により、尾張国荒地耕作のため全国の陰陽師が集められる。この頃、土御門久脩(ひさなが)が秀吉の命に背き、尾張の国へ配流されるか。

  • 1593年(文禄2年)  豊臣秀吉が養子豊臣秀次領尾張を再検地する。秀吉の命により、尾張国荒地耕作のため全国の陰陽師が集められる。この頃、土御門久脩(ひさなが)が秀吉の命に背き、尾張の国へ配流されるか。(『安倍晴明と陰陽道展』図録)

1600年          関ヶ原の戦い

1600(慶長5) 久脩、勅命により若狭より上洛(41歳)

暦会館 土御門家に関する年表より

1601(慶長6) 京極宰相若狭一円の領主となる。土御門家若狭より京都に帰館

暦会館 土御門家に関する年表より


*1 Wikipediaより

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-07 (日) 17:15:40 (3966d)